ボランティアとの会合

CSRへの取り組み…海中の旅と海洋資源保護活動

日本・アジアで唯一の有人娯楽用潜水艇の開発・製造会社としての取り組みとして、 
身体的に水泳や潜水など海遊びが不可能な方達へも陸上と同じ様に自由に海中の世界
を楽しんで頂く為に、身体障碍者団体のボランティアの方々と共同して、特別な機能
を備わった潜水艇の開発を遂行しています。具体的には全自動傾斜/重量調整装置 
(THWシステム)の搭載、身体の不自由な方がバリアフリーで潜水艇に搭乗し、安全で
快適な海中の旅を実現出来る補助具の開発、目的に特化した潜水艇の内外装のデザ
イン改良などを実施しています。 

また、潜水艇に取り付けるマニピュレーター(ロボットアーム)の駆動による海中清
掃や資源探査などの、「海洋保全活動」を身障者自ら行なって貰う事により社会活動
に参加し貢献するという、積極的な社会生活を後押しする事を目指しています。 

次々とアイデアが生まれ結果を出している現在、陸上と同様な環境下で誰でも容易に
海中の旅を楽しみ、身障者自ら社会貢献活動の一翼を担う日の到来もそう遠くないかも知れ
ません。

前の記事

イタリア便り